前へ
次へ

行政書士試験の内容について

行政書士試験は、総務大臣が定める所により行われる国家試験です。行政書士になる事の出来る資格を得ようとする人の為に行われます。試験は毎年1回、各都道府県で一斉に行われます。受験地は、自分の住んでいる所でなければならないという規定はなく、全国どこでも自分の好きな場所で受験可能になっています。受験資格は、年齢、学歴、国籍等に関係なく、どなたでも受験可能です。試験日は、例年11月の第2日曜日に各都道府県で午後1時から4時の3時間で行われます。試験科目は、行政書士の業務に関し必要な法令等が46題、行政書士の業務に関する一般知識等が14題の合計60題が出題されます。出題形式は、法令は択一式と記述式、一般知識は五肢択一式です。法令の択一式は、五肢択一式と多肢選択式、記述問題は40時程度で記述するものがそれぞれ出題されます。

top用置換

top用置換2
Page Top